腕 ぶつぶつ かゆみ 夏

腕にぶつぶつとかゆみで夏の時は?

スポンサーリンク

かゆみ、ぶつぶつ・・・
つらい湿疹の原因は驚くほど多く、
原因を特定するのが難しい症状のひとつといえます。

 

その中で、夏に起こりやすい腕にでる湿疹とかゆみ、
その正体と原因についてご紹介させていただきます。

 

腕にでる湿疹の原因はどんなもの?

 

まずは腕のどちら側に発症するのか?
二の腕の内側の柔らかい部分なのか、または外側の皮膚なのか、
発症部位によっても判断は変わってきます。

 

内側の皮膚の柔らかな部分はデリケートなため、
化学繊維などでできた衣服での摩擦など、
ちょっとした刺激で湿疹が発生してしまう場合もあります。

 

また外側の皮膚の厚い部分は、外気に触れやすく、
紫外線や冷房などの影響で乾燥しやすくなった皮膚が、
毛穴のつまりを起こした炎症(ニキビと似たような症状)で、
白いぶつぶつが現れる場合もあります。

スポンサーリンク

夏に起きやすいぶつぶつは?

 

夏の暑い時期におきる湿疹の場合、このような原因も考えられます。
太陽からの強い紫外線にあたることにより、
皮膚が炎症を起こし、腫れ・かゆみを伴う湿疹が発症する日光湿疹。

 

また夏の終わりに多くみられる症状として、体の疲れやストレスにより弱ったところに、
体の中に保有していたウイルスなどが出現し、湿疹を発症する帯状疱疹があります。
詳しくは「帯状発疹の症状.com原因と対処法」を参考にしてみてください。

 

他にはクーラーの効いた場所から、
暑い戸外へ出た時に起こる温熱じんましんや、
逆の寒冷じんましん、という場合もあります。

 

夏にはダニや蚊の発生による虫刺されなど、
湿疹の原因になる要因も多く、
季節の中でも発生源の多い時期でもあるのです。

 

夏場のぶつぶつ対策は?

 

できてしまったぶつぶつは、
まずは潰したりせず必要以上に触れないようにすることです。

 

汗をかいたらシャワーをするなど皮膚を清潔に保つのはもちろんですが、
直射日光にあたるのを避ける、気温の差にこまめに衣服調節して対応する、
また毛穴や皮膚の乾燥を感じている時は、
保湿化粧品などを利用して肌のケアをするようにします。

 

また一旦収まっても、季節ごとに再発することも多いので、
一年を通して適切なケアを心がけましょう。

スポンサーリンク