腕 足 湿疹 かゆみ 原因

腕と足に湿疹とかゆみの原因とは?

スポンサーリンク

私は湿疹などの皮膚炎症状に幼いころから悩まされ続けています。
かゆみというものは、長時間にわたると、それはストレスでたまりません。
あまりにかゆみがひどい場合には、寒気さえおぼえることもあります。

 

湿疹などによる皮膚炎症状による、
かゆみや痛みなどに悩まされている方は、
老若男女問わず多いのではないでしょうか。

 

今回は、腕と足にできる湿疹と、
そのかゆみにおいて考えられる原因は何なのか、
ご紹介します。

 

じんましん

 

じんましんは、皮膚が赤くなったり、
皮膚上に蚊に刺されたようなふくらみが1つないし複数できあがり、
非常に強いかゆみをともないます。

 

症状が落ち着くと跡形なく、もとの皮膚状態に戻ることが特徴です。
全身のどこにでも発生する可能性がありますが、
腕や足に発生することが多くあります。

 

原因としては、疲労や、ストレス、
寒冷差、身体が温まった、アレルギーなど様々です。
原因が各人によって異なってしまうので、
原因の解消は難しいこともあります。

 

何度もじんましんを繰り返す場合には、
その直前に何か原因となる行動を伴っていることが考えられます。

 

繰り返すじんましんに悩んだ場合には、
その前に何をしていたのか、
また、どんな体の状態のときに発生しているのか、
記録をつけることで、原因を究明するヒントになります。

 

アトピー性皮膚炎

 

全身にわたって赤く、時にはみずみずとし、強いかゆみを伴う皮膚炎です。
主に乾燥しやすい体質の方に多く、アレルギー反応により発症してしまいます。

スポンサーリンク

慢性的に何度も繰り返し発症することが多く、
強いかゆみのために、寝ている間に血が出るほど、
かき壊してしまうことも少なくありません。
できるだけ清潔な環境を整え、保湿に努めることがとても大切です。

 

接触皮膚炎

 

接触皮膚炎は、衣服やカバンなど、
物が皮膚に接触する場所において、全身のどこにでも発症する皮膚炎です。
物質が皮膚に接触することが刺激となり、アレルギー反応を引き起こします。

 

シャツの襟やパンツのゴム部分、ストッキング、
なんでも物が当たっていることが原因となります。

 

その物が同じような強度で接触している限り、
何度でも発生してしまいます。
物質が当たる部分が肌が荒れると感じているならば、
行動の改善が必要です。

 

皮脂欠乏性皮膚炎

 

皮脂欠乏性皮膚炎は、
皮膚表面に細かいフケのような皮膚が付着している状態です。
これもまた、強いかゆみを伴い、時に亀裂を生じることもあります。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の原因は主に乾燥です。
冬はお風呂で体を洗いすぎないよう気を付け、
保湿を入念に行うことで改善が見込まれます。

 

多くの皮膚炎が、ストレスや乾燥が引き金になっていることが多くあります。
今回ご紹介した皮膚トラブルのほとんどで、
治療としてステロイドを用いることになります。

 

しかし、ステロイドを使用することで、
周辺皮膚も弱くなり、皮膚炎症状が悪化することもあります。
また、何度もステロイドを使うことで、耐性のようになり、
あまり効かなくなることがあります。

 

できれば、発生源を取り除くことに尽力し、
しっかりと休養と保湿に取り組んでいくことで、
予防と自然な改善が見込まれます。

スポンサーリンク