湿疹 かゆみ止め 薬 選び方

湿疹のかゆみ止めの薬の選び方とは?

スポンサーリンク

湿疹などによる肌トラブルは、
実はとても多くの方が経験しています。
そして、湿疹や湿疹に伴うかゆみを、
何度も繰り返し悩まされている方が多くいます。

 

なかなか治らないその湿疹は、
もしかしたら薬が合っていないのかもしれません。
今回は、湿疹のかゆみ止めの薬のおすすめの選び方について、ご紹介します。

 

塗り薬-ステロイドと非ステロイド-

 

かゆくて仕方のない湿疹と皮膚炎、
まず思い浮かぶ薬はステロイドの塗り薬という方が多いでしょう。
しかし、市販の塗り薬がすべてステロイドを使用しているとは限りません。

 

ステロイドを用いない、
非ステロイド性抗炎症外用剤(以下、非ステロイド)を用いた塗り薬もあります。

 

非ステロイドでは、湿疹の症状が軽症である場合、
肌が敏感でステロイド剤による副作用が心配される場合などに使用されます。

 

しかし、非ステロイドは現在起きている炎症を、
抑制することが効果として挙げられるため、
根本の解消には時間がかかります。

 

ステロイドに比べると、即効性の低いお薬ですが、
幹部以外でも目の周りなどにも安心して塗り広げることができます。

 

ステロイドは皮膚炎の根本に速やかに作用します。
作用としては、炎症を起こしてしまう、
たんぱく質の生成を抑制し炎症を抑える、たんぱく質を生成するものです。

スポンサーリンク

しかし、塗布後すぐに日光に当たるとシミの原因になったり、
健康な皮膚へも影響を及ぼすので、副作用に注意は必要です。
また、ステロイドのかゆみ止めにも強度の異なるものがあります。

 

乳幼児が使えるような弱いものから、小学生以上が使える強いものまで。
小学生以上であるならば、だらだらと繰り返す皮膚炎の根本解決のために、
強めのステロイドを用いて治してしまうことが得策です。

 

飲み薬-抗ヒスタミン剤と抗生物質-

 

あまりに湿疹のかゆみがひどいときには、
塗り薬と並行して、抗ヒスタミン剤の飲み薬を併用することをおすすめします。
かゆみを起こす原因物質とされるヒスタミンの生成を抑制する効果があります。

 

かゆみを体内からもブロックすることで、
炎症部分を掻くなどの悪化を予防することができます。

 

また、細菌感染などによる皮膚炎の場合には、
合わせて抗生物質を服用することもあります。
市販の塗り薬や飲み薬を使用しても一行に治らず、
むしろ炎症が広がっているような場合には、速やかに医師に相談しましょう。

 

抗ヒスタミン剤を用いた目薬も市販されているのをご存知ですか。
皮膚湿疹の起きやすい敏感肌の方は、
粘膜という粘膜が弱い方も多くいらっしゃることでしょう。

 

目のかゆみにも抗ヒスタミン剤入りの目薬が有効です。
目がかゆいと、無意識に目の周りをこすってしまうものです。
抗ヒスタミン剤入りの目薬を常用することで、
目の周りの湿疹を予防することもできますよ。

 

 

今回は、湿疹といったらこれ、というような一般的なお薬についてご紹介しました。
湿疹に困ったなと思っても、家にある薬を使い続けてしまいがちです。

 

しかし、実は色々な作用の仕方がありますので、
症状に合わせて、お薬を変えてみると、安全に速やかにかゆみから解放されるでしょう。
また症状が改善されない時は、速やかに医師の診断を受けましょう!

スポンサーリンク