妊娠 初期 体がかゆい 対処法

妊娠初期で体がかゆい時の対処法とは?

スポンサーリンク

妊娠を心待ちにしている方は多く、
妊娠したときの感動はなんとも表現しがたいものです。
しかし妊娠は、嬉しい幸せな気持ちと同時に、
大きな体の変化に体調を崩すことがしばしばです。

 

妊娠の初期は、体調の変化に気づく人も気づかない人もいます。
私の場合には、月経前症候群が無いことで気が付きました。
体調が良くて気が付くこともあるんです。

 

体調の変化も人それぞれ。
一概にこうであるというものはありません。
今回は、様々な妊娠初期の体調の変化の中で、
かゆい時の対処法はどうしたら良いのか、ご紹介します。

 

かゆみを伴う症状にはどんなものがあるの?

 

まずは、妊娠をするとおりものの量が増えることがあります。
これは、エストロゲンの増加によるものですが、
おりものの量が増えることで膣がより酸性化します。

 

このことで皮膚にとっては強すぎる酸性となり、
かゆみを伴う肌荒れが起きてしまいます。

 

また、顔にニキビや湿疹などの肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。
これもまた妊娠によるホルモンバランスの乱れが原因ですね。
ホルモンバランスの乱れにより、
普段はあまり肌トラブルに悩まされない方でも敏感肌になってしまいます。

 

いつもは大丈夫なスキンケアやメイクが肌荒れの原因になることもあります。
さらには、やはり妊娠中に起こるトラブルは、本当に人それぞれのため、
全身のどこにでも肌トラブルが生じても全くおかしくなりません。

スポンサーリンク

どうして妊娠初期に肌荒れをしてしまうの?

 

やはり、妊娠したことによるホルモンバランスの変調が大きく関係します。
この変調は止めることはできません。

 

おりものの分泌量が増え、肌に触れ続けることで肌荒れが生じます。
こまめにおりものシートを変え、清潔を保つことが得策です。
とはいえ、あまり洗いすぎることも良くありません。

 

妊娠後、赤ちゃんを育てる身体にするために、
子宮に多くの水分を取り込むよう作用していきます。
そのため、皮膚は乾燥しやすくなってしまいます。

 

皮膚が乾燥しやすくなるということは、敏感になってしまうということなので、
そのため肌トラブルが全身に渡ることが十分考えられます。

 

また、つわりにより十分な栄養素と水分を摂取することが困難になる場合があり、
これが乾燥肌につながることがあります。

 

対処法は?

 

ホルモンバランスを整えるということはなかなかできません。
そこで、肌トラブルの万病のもとともいえる、乾燥肌対策をしましょう。

 

妊娠初期は肌が敏感になっていることが考えられるので、
普段使用してるスキンケア用品よりも、
肌に優しいものを選び使用することをおすすめします。
また、清潔に保つことも忘れないでくださいね。

 

・・・いかがでしたか?
妊娠は、喜びとはうらはら、様々なトラブルが生じます。
人それぞれ症状は異なりますし、つらさも人それぞれです。

 

でも、辛いことに変わりはありません。
少しでも辛さを取り除いて、幸せな妊娠生活をしていきましょうね。

スポンサーリンク