水疱瘡 かゆみ 対策

水疱でのかゆみ対策とは?

スポンサーリンク

虫刺されや、湿疹などの悪化により水疱ができてしまうことがあります。
プックリ膨らんで水分を含んだ皮膚、またかゆみがある場合はとても気になるものです。
そんな水疱やかゆみについて症状と対策をご紹介させていただきます。

 

そもそも水疱ってなぜできるの?

 

虫に刺されてできる水疱の場合は、
刺した虫の体液が皮膚に侵入することで、
体がアレルギー反応を起こし、皮膚に症状が起こります。

 

一般的には、虫刺されを掻きむしることにより、
悪化して水疱になることが多いのですが、
アレルギー反応が過剰に起こった場合、
刺されてすぐ水疱になることもあります。

 

原因には虫刺されの他、日焼け、火傷など熱傷の要因でできるもの、
ヘルペスなどウイルス感染性のもの、蕁麻疹やアレルギーで起こる場合もあり、
その原因は様々っで水疱の厚みや大きさ、発症の位置や皮膚からの深さも異なります。

 

水疱は潰しても大丈夫?

 

水疱にかゆみがあるとき、
ついつい気になって、潰してしまう方も多いと思います。
潰す行為に賛否両論はありますが、基本的に潰すことはNGと認識してください。

スポンサーリンク

水疱を潰してしまうと、感染症などの二次症状を引き起こしやすくなり、
「伝染性膿痂疹(とびひ)」などに移行してしまうことがあるからです。

 

水疱から出た液が、他の場所に付着することで、
感染範囲を広げたり、他の人にも感染するため、十分注意してください。

 

寝てる間に潰してしまいそうな時は、
通気性のよいガーゼや医療用の保護フィルムなどを利用して
患部を覆うこと、また爪を短く切っておくことも有効です。

 

かゆみが治らな場合の対処法は?

 

それでも我慢できないかゆみがある場合には、
市販薬も利用し患部に触らないようにしましょう。

 

市販薬にはかゆみを抑える「抗ヒスタミン剤」「抗アレルギー剤」
また「ステロイド配合」の薬も販売されています。

 

ただし、かゆみ止めは種類も多く、
水疱の原因や状態によって、効果のあるもの、
使用してはいけないものがたくさんあります。

 

慎重に選択する必要があるため、薬局で相談したり、
皮膚科を受診して自分にあったものを処方してもらうことが大切です。

スポンサーリンク