顔 かゆい 赤い 腫れ 原因 対処法

顔がかゆい赤いで腫れの原因と対処法とは?

スポンサーリンク

顔の皮膚がかゆくなる。
皮膚がヒリヒリして赤くなる。
実はこれ「菲薄化」という肌が薄くなって起こる現象かもしれません。

 

そこで今回は、顔がかゆいで赤いに腫れの原因と、
正しい対処法をご紹介させていただきます。

 

肌が薄くなる菲薄化(ひはくか)とは?

 

特に思い当たることがないのに、顔がかゆくなる、
赤みも強くなり、腫れぼったい感じもする。
その原因のひとつは「菲薄化」と呼ばれる、
肌の皮膚が薄くなってしまうトラブルです。

 

肌の層が薄くなってしまうことで、外からの刺激を過剰に受けてしまい、
刺激は顔のかゆみや赤み、腫れを引き起こすのです。

 

かゆみ・赤み・腫れの原因は?

 

肌が薄くなる原因は年齢によっても異なりますが、
50代を過ぎると肌の加齢によるダメージが大きく、
年齢とともコラーゲンやエラスチンの量が減り、
新しい細胞を生む力も低下してしまいます。

 

また皮膚のターンオーバーのサイクルも鈍くなり、
外からの刺激をよりダイレクトに受けやすくなり、
かゆみが現れることになります。

 

また若い世代の方に起こる症状では、化粧品による過剰な刺激、
間違ったスキンケアによる肌の劣化が大きな原因となっています。

スポンサーリンク

強すぎる成分、スクラブやピーリングのしすぎ、
ゴシゴシ洗顔などは、皮膚を痛めることになり、
皮膚が薄くなり、かゆみ、赤み、
そして症状が悪化すると腫れにつながることになるのです。

 

顔のかゆい痛いときの対処法は?

 

顔がピリピリ、ヒリヒリかゆみがあるときは、
まず炎症を抑えることを優先します。
赤くなるほど熱を帯びていたり、火照った感じが強いときは、
皮膚科の診断をうけましょう。

 

塗り薬などを処方してもらい、
炎症が落ち着くまでしっかり時間をかけてケアをします。
それほどひどくない場合には、セルフケアで炎症を抑えるようにします。

 

具体的には、刺激のある基礎化粧品やメイクを控え、
炎症が落ち着いてきたら、保湿効果のある化粧品に切り替えます。

 

保湿効果の高い成分には
「セラミド」や「ビタミンC誘導体」などが配合されたものがあります。
自分の状態に合った成分を取り入れて、
角質層をケアし健康な肌を育てるようにしましょう。

スポンサーリンク