蚊 かゆい 理由

蚊に刺されてかゆい理由とは?

スポンサーリンク

夏になると避けて通れないのは虫刺されです。
蚊に刺された経験は誰しもあると思います。
なぜ、蚊に刺されるとかゆくなるのでしょうか?
そこで今回は、蚊に刺されてかゆい理由は何なのか紹介します。

 

かゆくなるのにはどんな理由があるの?

 

蚊が血を吸うときにはまず、血液が固まらないように、
凝固防止剤ともいえる唾液を皮膚に注入します。
その唾液には人に接近を知られないように、
麻痺成分も含んでいるといわれています。

 

針を刺したときに痛みを与えないようにすることで、
血を吸う間気づかれずにいるためです。
その唾液を注入後に血を吸っているわけです。

 

実は蚊は血を吸い終わった後、
かゆみの原因である唾液も吸いとって回収します。
蚊が唾液を全部吸ってしまえばかゆくなることもないのです。

 

しかし、蚊が止まっていることに気づいて叩いたり、
また吸っている途中で手で追い払ったりすることで、
蚊が唾液まで回収しきれずにかゆみが起きてしまうのです。

 

この事を知っていれば、蚊に刺されてしまったとき、
蚊が吸い終わるのを待って最後まで吸わせてしまえば、
かゆみが起きないという事になります。

スポンサーリンク

かゆみが起きるのは、その唾液が人間の体内で、
アレルギー反応を起こしてしますからです。

 

人によって反応には差があって、
すぐにかゆみが出る人、赤み腫れてしまう人、
時間をおいてからかゆみが出る人など様々なのです。

 

刺された後、かゆみを抑えるためにはどうするの?

 

蚊に刺されてしまったあと直ぐに出来ることは、
とにかく水でよく洗い流す事です。
かゆみの成分を少しでも減らす事と、水で冷やすことによってかゆみを抑えて、
掻き壊しからの悪化を防ぐ事が出来ます。

 

石鹸があればなおさら、
表皮に残った唾液の成分を中和させることが出来て、
よりかゆみを抑えることが出来ます。
虫刺されやかゆみ止めの薬があれば症状に合わせて使いましょう。

 

蚊に刺されないようにするには?

 

虫の多い夏場は特に肌の露出の多い服装はさけて、
海、山へ行くときは虫よけスプレーを使い虫刺されを予防します。
また、蚊は暗い色を好むので外出時は明るい色の服を着る事もおすすめです。

スポンサーリンク