腎臓病 症状 かゆみ

腎臓病の症状でかゆみとは?

スポンサーリンク

蚊やダニなどの虫に刺されたわけでも無いのに、
体が痒いと感じた事はありませんか?
もしかしたら、何か病気なのかも、と不安になってしまいますよね。

 

特に、腎臓などの内臓は目に見えないので厄介です。
そこで今回は、腎臓病の症状で痒みをはあるのかを紹介します。

 

腎臓病の症状1〜痒み〜

 

痒みを引き起こす原因は、ヒスタミンと言われています。
こおのヒスタミンが活発になる原因は、
アレルギーや内臓疾患が挙げられるので、
腎臓病も原因の1つになります。

 

掻かずにはいられないほどの皮膚の不快感で、痛み(痛覚)の一種と考えられます。
痒みは掻いても治りませんが、
掻くと皮膚の炎症が強くなりさらに痒みが強くなってしまうので、
悪循環に陥りやすいです。

 

さらに、運動で体が温まったり、血の循環が良くなると、
余計に痒みが強くなってしまいます。
痒いと感じたら皮膚を癒して掻かないようにする事が大切です。

 

腎臓病の症状2〜むくみ〜

 

むくみは、身体に水分が溜まっている状態です。
食事の内容が塩分を多く含んでいた、
仕事でずっと椅子に座っていた、などの原因でむくみます。

スポンサーリンク

しかし、原因が特定できない場合、
腎臓の機能が低下いている可能性もあるのです。
運動不足や腎臓の冷えで、一時的に老廃物が排出できなくて、
むくみが強くなることもあります。

 

腎臓病の症状3〜湿疹〜

 

腎臓は体内の水分を調整しているのと、
老廃物と必要な栄養素を判別して、
いらない物を外に出し、水分量を調整しています。

 

この機能が弱ってくると、体内に水分や老廃物が多くなり、
湿疹の症状が出やすくなるのです。
湿疹は、手や顔、背中などにできやすくなります。

 

痒みを伴うこともあり、また別の原因がある事もあります。
原因をしっかり見極める事が大切で、
病院に行って検査をすると良いでしょう。

 

・・・いかがでしたか?
このように、腎臓の病気になると痒みを感じる事があります、

 

しかし痒みは、様々な原因でおこるものです。
虫刺されなど、原因がはっきり分かるものは良いですが、
分からない時は病院を受診しましょうね。

スポンサーリンク