体 かゆみ 原因 対策

体のかゆみの原因や対策とは?

スポンサーリンク

体のかゆみ.com-原因と対策」へようこそ!
アドバイザーの渡辺 優子といいます。
このサイトでは、体のかゆみの原因や対策について紹介していきますので、
よろしくお願いします。

 

皆さんは、体の「かゆみ」で悩んだことはありませんか?
誰でも、体がかゆいと感じた事があると思いますが、
その痒みは何なのかと疑問に思うことがあります。

 

蚊に刺されてかゆいと感じる他に、
何故かかゆいと感じる事もありますよね。
実は、体がかゆいのには理由があり、対策も違うんです。
そこで今回は、体がかゆい場所による原因と対策について少しだけ、ご紹介いたします。

 

あご

 

原因として考えられるには、ニキビ・肌の乾燥・顔ダニです。

 

乾燥の場合は、保湿をする事が大切になりますが、
女性ホルモンの低下でも起こるので、
大豆イソフラボンなどのサプリメントを摂取して補う事も対策の1つでしょう。

 

顔ダニとは、哺乳類肌に寄生して分泌される皮脂をエサにしているダニです。
通常悪影響はありませんが、皮脂の過剰分泌や清潔を保てない事で多く繁殖し、
肌が乾燥したり敏感肌になったりするのです。

 

夜行性なので、夜のクレンジングや洗顔をきちんとするようにし、
脂っこい物を食べすぎないように気をつけましょう。

 

 

原因として考えられるには、アレルギー・化粧品や洗顔剤の変化・顔ダニです。
アレルギーは、花粉だけではなくハウスダストといわれるダニやホコリ、
PM2.5なども起因します。

 

金属アレルギーの場合は、ピアスなどのアクセサリーや、
食べ物の中に含まれている微量な金属や、
歯の詰め物などが起因している事もあります。

 

おでこ

 

原因として考えられるのは、刺激・アレルギー・敏感肌です。
特に前髪に接触による刺激と、ワックスなどの整髪料が起因する事が多いです。
また、体調や環境・ストレスが大いに関係してきます。

 

目の周り

 

原因として考えられるのは、乾燥・刺激・アレルギー・外的ストレスです。
目の周りは、皮膚が薄いので乾燥や刺激にとても弱く、トラブルが起こりがちです。
また、アレルギーやストレスでおこることもあります。

 

口の周り

 

原因として考えられるのは、刺激・乾燥・アレルギーです。
激辛料理などを食べたり飲んだりした後に赤くなるのは、
食べ物からの刺激が起因しているので、心配はありません。

 

しかし、乾燥やアレルギーの場合もかゆいと感じます。
かゆみとともに、ほてりやチクチクなどを伴う場合は、
「口唇ヘルペス」の疑いがあるので、病院に行きましょう。

 

 

体の所々が代わる代わるかゆい

 

かゆみを感じ、掻いたところが跡になる場合は、蕁麻疹の可能性があります。
蕁麻疹は、蚊に刺されたような膨疹が出来て、徐々に拡大中心部から平らになります。
だいたい2時間程度で消えるのが特徴です。

 

原因は様々ですが、食べ物花粉症などの事は少なく、特定するのは難しいです。
病院で診察をうけ、抗ヒスタミン剤を内服しましょう。

スポンサーリンク

どこがかゆいか分からない

 

この場合、原因は3つ考えられます。

 

1.脳の誤認知。
情報が交錯してしまい、本当に痒いところが見つからないのです。
対策としては、痒い所をくまなく探す事です。

 

2.体内に痒みが生じている
内臓に疾患がある場合、その異変が引き金となって痒みになる事があります。
精神的に病んでいる場合、神経系の異常によって、
感じる必要にない痒みを感じる事あります。

 

対策としては、痒いと感じる所をかきつづけて解決するか、
ツボの部分を探して刺激をする事で収束させます。
不安であれば、一度病院で見てもらうと安心でしょう。

 

3.「むずむず脚症候群」
じっとしていても、下肢などに痒みを感じてしまう症状のことで、
人によっては上半身にも現れたり、痛みとなって現れたりする事もあります。

 

発症するのは夕刻から夜にかけてが多く睡眠妨害になってしまう事も多いです。
さらに、これが原因で過度なストレスを感じ、
精神を病んでしまう事もある恐ろしい症候群です。

 

対策としては、とにかく痒みを感じる所を掻いたり、
保湿対策を行なって緩和させたりしましょう。
また、健康的な生活送ること重要になります。

 

保湿対策

 

痒い時に掻きすぎてしまうと、
肌の表面に傷がついて皮脂膜が剥がれてしまい、肌に良くありません。
その上、さらに痒みが増したり、
血が出てそこから細菌に感染してしまう可能性もあります。

 

そのため、痒い時はなるべく掻く回数を減らして、
保湿クリームを塗るようにしましょう。

 

特に冬場は乾燥が原因となっている事も多いので、
ボディークリームやワセリンを体中塗って保湿すると効果的です。
また、あまりひどい場合は、我慢せずに病院に行く事をオススメします。

 

・・・いかがでしたか?
このように、体が痒いのには理由があるのです。
掻きすぎて傷をつけてしまっては、ますます良くなりませんよね。
きちんと対策をして、体に痒み上手に付き合って行きましょうね!

 

今回はいくつかの場所での説明させていただきましたが、
この「体がかゆい.com原因と対策」では、
色々な「かゆみ」の場所その原因や対策を詳しく紹介しますので
宜しくお願い致します。

 

【免責事項】
当サイトは長年「体のかゆみ関係」で悩んできた、「私の体験談サイト」です。
従いまして、当サイトから得た情報による、いかなる事項についても
当サイトは一切責任を負いません。全ては当サイトを読んだユーザーの
自己判断の結果としますので、予めご了承下さい。

スポンサーリンク